コエンザイムQ10

「コエンザイムQ10」は「ビタミンQ」とも呼ばれ、栄養分を燃焼させる体のしくみを効率よく回転させるために必要な補酵素であるとともに、強力な「抗酸化作用」をもっています。体にとって必要なエネルギーをつくりだし、さらに有害な酸化ストレスから体を守ってくれるのです。「コエンザイムQ10」には、あなたを若々しく保つための大切な役割があります。

コエンザイムQ10は活動エネルギーをつくる

人の体は、栄養分を燃焼して生活に必要なエネルギーをつくりだしています。エネルギーは細胞でつくるのですが、その時に重要なはたらきをするのが酵素と補酵素です。酵素は人が自らつくることができますが、補酵素は人の体の中で十分な量をつくりだすことができません。 ですから、外から取り入れる必要があります。
補酵素は英語で「co-enzyme=コエンザイム」です。 「コエンザイムQ10」はその名のとおり補酵素です。エネルギーをつくる大切な役割を担っています。特に心臓や肝臓、腎臓、筋肉では多くのエネルギーを必要としていますので、「コエンザイムQ10」が不足すると、活動に必要なエネルギーが足りなくなってしまいます。このために、「コエンザイムQ10」は代謝性強心剤などの医薬品としても使われてきました。

活性酸素

「活性酸素」は人間が活動するエネルギーを生み出したり、免疫反応を作用する時に必要なものですが、これが過剰に存在すると、逆に体にとって悪影響をもたらしてしまいます 例えば「発癌」「痴呆」「糖尿病」「動脈硬化」「白内障」などです。これらは老年病とも言え、「活性酸素」が促進するのです。また、「活性酸素」がDNAを傷つけて、細胞の寿命を縮めてしまうこともわかっています。

抗酸化作用

人の体には活性酸素が過剰にならないように、活性酸素の増加を抑える「抗酸化作用」という機構が備わっています。必要な活性酸素をつくるとともに、増えすぎないように押さえる「抗酸化作用」によってバランスを保っているのです。その「抗酸化作用」に携わる物質の一つが「コエンザイムQ10」です。

サイトMENU

Copyright (C) 2007 サプリメントのはなし. All Rights Reserved.